新銀行東京 ページ内を移動するためのリンクです。 ヘッダーメニューへリンク メニュー項目をスキップして本文へリンク フッターメニューへリンク
よくあるご質問 お問い合わせ サイトマップ

預金保険制度について
法人・個人事業主のみなさま 個人のお客さま 新銀行東京について

ホーム : 預金保険制度について

預金保険制度について


預金保険制度とは、金融機関が預金等の払い戻しができなくなった場合等に、預金者等を保護し、また資金決済の確保を図ることによって、信用秩序の維持に資することを目的とする制度です。
我が国の預金保険制度は、「預金保険法」(昭和46年制定)により定められており、政府・日本銀行・民間金融機関の出資により設立された預金保険機構によって運営されています。

預金保険の対象商品


保護の範囲 預金などの分類
全額保護 決済用預金
合算して元本1,000万円までとその利息が保護 普通預金・定期預金
対象外 譲渡性預金

新銀行東京のお取り扱い商品のみ記載しました。
保険の対象となる預金のうち決済用預金以外の預金で、元本が1,000万円を超える部分及び保険対象外の預金などは、預金保険による保護は受けられず、破綻した金融機関の財産状況に応じて支払われるため、一部カットされることがあります。

預金保険の対象商品


預金保険法により、同一金融機関に複数の預金口座を有する預金者については、それらの預金金額を合算するなど、保護対象金額を確定する事が必要です(この保護対象金額の確定作業を「名寄せ」といいます)。
これに伴い、全ての金融機関は、平常時から預金者のカナ氏名、生(設立)年月日、電話番号等の「名寄せ」に用いる預金者データを整備しておくことが、預金者保険法第55条の2の規定によって義務付けられました。これは万一保険事故が発生した場合、保護対象金額を迅速に確定し、お客さまが円滑に預金の払戻等を受けられるための措置です。
つきましては、お客さまの生(設立)年月日等をお届けいただくようお願いすることがございますので、何卒ご協力くださいますようお願い申し上げます。

預金保険制度について詳しくは、預金保険機構のホームページまたは金融庁のホームページ預金保険制度をご覧ください。
店舗・ATMのご案内


預金金利のご案内


手数料のご案内


お問い合わせ
新銀行東京 コールセンター フリーダイヤル0120-289-226
※ お掛け間違いにはご注意ください ※ 受け付け時間:9:00〜17:00(銀行窓口休業日を除く) ※ 紛失・盗難のご連絡については、24時間対応いたします
ページの先頭へ
金融商品勧誘方針 個人情報保護方針 お取引時確認について 預金保険制度について 本サイトのご利用にあたって 各種規定・規約・パンフレット


Copyright © 2006 Shinginko Tokyo. All Rights Reserved.